プログラム, 11月24日(金) 矢上キャンパス 12棟108教室

午前10:00-12:50(講演), 12:50-13:20(全体討議・パネル)
(*基調講演開始時刻に合わせて終了するように後半の時間帯を変更しました。お気をつけください) 12:50-13:20 全体討議・パネルセッション(昼食をとりながら)


参考: 今回は、下記の1-3に該当します。
  1. 産総研人工知能技術コンソーシアムなど、人工知能の社会応用に取り組んでいる グループで議論されてきている実社会問題に対する人工知能技術の課題をチュートリアル 形式で発表
  2. 上記課題に対して、適用可能なリソース(データ、ツール、環境、協力体制)について 紹介を行う
  3. 1.2の組合せによるコンテストのレギュレーション、評価基準を検討し、複数提示する
  4. 3. におけるレギュレーション、評価基準のもと、コンテストを実施
  5. コンテンスト参加者をレギュレーションごとにグループ化し、各グループごとに ソリューションを検討し、どのように課題に対してアプローチするかを検討(ワークショップ形式)。ファシリテーターとして実社会側から企業の方にアドバイスをもらう。
  6. 各グループ毎にアクションプランを集約し、発表する
  7. アクションプランに対する評価、講評を当日中に行う。
  8. 優秀なアクションプランに対しては、人工知能技術コンソーシアムのWGとして 採用し、アクションプランを後日試行する。
  9. 試行できたアクションプランに対しては、産総研人工知能技術コンソーシアムの会議などで進捗状況を発表
  10. 実行、評価結果まで得られたアクションプランに対しては、FPAI幹事、コンソーシアム運営委員などからなる審査委員会で審査の上、上位の優秀者については次回、人工知能学会全国大会でオーガナイズドセッションを企画し、発表、表彰を行う。